藤枝市で相続のご相談ならとやま司法書士事務所

トピックス|相続のご相談は藤枝市役所前のとやま司法書士事務所までお気軽にご相談ください|page5

藤枝市で相続のご相談ならとやま司法書士事務所

トピックス

(雑感)嘱託登記との連件

トピックス 2016/03/04

嘱託登記とは、市などが登記の権利者または義務者となるときにする登記。   今回は、次のような事例。 1 個人が所有権保存登記(申請) 2 市が賃借権設定登記(嘱託) 3 金融機関が抵当権設定(申請)   勉強になります。  

>>続きはこちら

(雑感)抵当権抹消登記申請に提出する登記済証

トピックス 2016/02/15

抵当権抹消登記申請に提出する登記済証(登記識別情報)について。   債権譲渡などで抵当権の権利が移転している場合、抵当権抹消登記申請時に提出する 登記済証(登記識別情報)は、抵当権移転の際に作成された登記済証となる。 登記所の押印がされた原契約書があ...

>>続きはこちら

(雑感)持分のみの更正をした際の権利証

トピックス 2016/02/09

備忘録   不動産の共有持分のみを更正した場合、 オンライン化される前であれば紙の登記済証が発行され、次の登記の際に法務局へ提出しなければならない。 オンライン化された後であれば登記識別情報通知は発行されず、次の登記の際に法務局へ提供する必要はない(...

>>続きはこちら

(雑感)定款の原本証明

トピックス 2016/01/20

会社の解散清算人選任の際に提出する定款について。   原本証明には、新しい届出印を押印すること。 解散した場合には、清算人様のご実印をそのまま届出印と(私は)しているので、 要注意。

>>続きはこちら

(雑感)渉外相続(特に韓国籍の方の必要書類)

トピックス 2016/01/05

渉外相続の際の必要書類について、備忘録の意味を込めて。   韓国籍の方が日本国内の不動産について相続登記に関係する場合、 日本の戸籍に代わるものとして、 韓国の「基本証明書」と「家族関係証明書」が必要となる。 なお、全文を訳したものが別途必要。

>>続きはこちら

(雑感)渉外相続(特に遺言)

トピックス 2015/12/14

法律で「渉外」といえば、それが国内だけでなく外国にも関係することを言う。 司法書士で関わることが多いのは、国際結婚をした方が不動産を遺して亡くなった場合など。 今回、縁あって渉外相続の相談をいただくことになり、その関係から、遺言についても調べてみた。 &nbs...

>>続きはこちら

(雑感)山間地の相続

トピックス 2015/12/07

山間地の相続は、大変だ。 そこに住んでいる方があれば全て継ぐなどして対処できるが、 皆、街中に出ていたりすると、本当に大変だ。 空き家のままにもしておけない、草も生える、等の問題がある。   今回受託した方は、その後、どうにか隣家の方が土地を引き取っ...

>>続きはこちら

(雑感)遺産分割協議書に添付する印鑑証明書

トピックス 2015/12/01

相続登記の際、私の方で「○○の土地は○○が相続する」といった遺産分割協議書を作成し、 相続人の皆様全員に署名押印(実印)をしていただくことが多々ある。 しかし、この押印について、厳密には不動産を相続する方だけは実印でなくともよい。 先日、相続登記の際、たまたま...

>>続きはこちら

(雑感)住所変更の登記

トピックス 2015/11/09

不動産の所有者が住所を変更した場合、市役所と法務局は関連付けられていないため、市役所で住所変更の手続きをするのとは別に、法務局でも変更後の住民票等をもって登記の名義人の住所変更を申請しなければならない、という話。   今回、久しぶりに静岡市在住の方の...

>>続きはこちら

(雑感)自筆証書遺言の不備

トピックス 2015/10/22

相続に絡む問題として、遺言が挙げられる。 中でも、亡くなられた方がご自身で書かれた遺言に問題が生じることが多い。 「想いは十分に伝わってくる」が、「形式的な不備があって残念ながら使えない」というものだ。   不動産でいえば、「何某に譲る」との記載があ...

>>続きはこちら

  • 電話・メール相談無料
  • Call: 0120-859-959

    平日9:00~18:00

    メールでのご相談お問い合わせ

  • 対面相談初回30分無料
  • 事前のご予約で土日・祝日対応可、夜間対応可

    詳しくはこちら

ページトップへ